qa_top2.jpg

よくある質問

パパバッグだっこモデル

Q.抱っこ具として使ったときに肩に負担が集中してしまいます。


A.バッグの傾きを調整することで肩と腰で体重を分散します。 ウエストベルトを緩みが無いように装着し、バッグの背面(座面)が斜め上を向くようにショルダーベルトを調節してください。 バッグが地面に対して平行に近い状態で使用すると、ショルダーベルト(肩)にかかる負担が大きくなり、落下の危険にも繋がります。抱っこ具として使用する際はバッグが立つように着用し、バッグの背面がお子さまの座面として、また腰当てとなるようにお使いください。 ショルダーベルトを短めにすることで、バッグが立つように使用することができ、肩と腰で体重が分散されます。
また、背あてのメッシュカバーを使用する際には、背あてにお子さまの体重がかかり過ぎないように注意し、必ず手で支えながらお使いください。




Q.子どもが座った状態で、フロントの左右のファスナーから荷物を取り出しにくい。


A.バッグを立てた状態でお使いください。 ポケットから中身が取り出しにくい場合、座面が平になりすぎている可能性が考えられます。装着時にショルダーベルトを短めにし、バッグが地面と平行ではなく、多少斜めになるように(立つように)、お子さまを乗せた時にバッグ本体が腰当てになるように装着すると、ポケット部にかかる圧力が弱まるはずです。




Q.ウエストベルトがねじれた状態は正しいですか?


A.ベルトはねじれていない状態で装着してください。 ①バッグの底部フラップを開き、ウエストベルトを取り出します。 ②フラップを閉じた状態でウエストベルトが捻じれないように広げます。 ③フラップの底面がおなか側になるようウエストベルトを装着します。 ④ウエストベルトを装着し、余った部分は先端のゴムで留めてください。




Q.ウエストベルトをきれいに収納するコツを知りたいです。


ベルトを片側に寄せてから畳むと収納しやすいです。 ①バッグを前に移動し、ウエストベルトを広げます。 ②ウエストベルトを引き、片側に寄せます。 ③ウエストベルトを片側に寄せた状態でバックルを差し込みます。 ④バックルを抑え、長い方からベルトを畳みます。 ⑤長い方をフラップの幅に合わせて折り返します。 ⑥折り返した後、逆側もフラップからはみ出した分を折り返します。 ⑦ベルトをフラップの幅に収まるように抑えます。 ⑧フラップを閉じます。 ⑨収納完成です。





取り扱い店舗

Q.papakoso(パパコソ)の商品を見られる店舗はありますか?


A.東急ハンズ横浜店、三越伊勢丹浦和店、みなとみらいワールドポーターズなどでご覧いただけます。 東急ハンズ横浜店 7F 横濱トラディショナルシリーズ papakoso(パパバッグ・papa-dakko) 〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1丁目3−1
TEL:045-320-0109 グディーズヨコハマ 横濱トラディショナルシリーズ papakoso(papa-dakko、マスク) 〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2丁目2−1 横浜ワールドポーターズ1F
TEL:045-320-0109 三越伊勢丹百貨店 浦和店 papakoso(パパバッグ) 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1丁目15−1 TEL:048-834-1111 株式会社オファー 〒562-0035  大阪府箕面市船場東2丁目1-20 ABCビル6F TEL:072-728-3911




Q.papakoso(パパコソ)の商品を購入できるサイトを教えてください。


A.papakosoの直営オンラインショップは以下の通りです。 各サイトで販売価格や納期は変わりません、お手持ちのポイントなどによってご利用店舗をお選びください。 papakoso(パパコソ) OFFICIAL WEB SHOP URL: https://papakoso.shop-pro.jp/ パパコソ公式SHOP by ワンスレッド 楽天市場店 URL: https://www.rakuten.co.jp/one-thread/ パパコソ公式SHOP by ワンスレッド Yahoo!ショッピング店 URL: https://store.shopping.yahoo.co.jp/one-thread/ パパコソ公式SHOP by ワンスレッド Amazon店 URL: https://www.amazon.co.jp/s?i=merchant-items&me=A35ZCB3FIW1K1W papakoso(パパコソ) ギフトモール店 URL: https://giftmall.co.jp/s





papa-dakko(パパダッコ)

Q.何歳まで使えますか?


A.首すわり後(約4か月)から36か月(15kg)までお使いいただけます。 papa-dakkoは検査機関において、製品本体強度試験や繰返し衝撃試験などを行っております。製品本体強度試験の各部の強度において耐荷重15kg(36か月)の基準となる700Nの強度を十分にクリアしています。 お使いの際は取扱説明書をご確認いただき、正しい使用方法でお使いください。




Q.サイズ交換はできますか?


A.papakoso公式ショップでお買い上げいただいた方には、無償でサイズ交換を承ります。 papakosoが運営するオフィシャルWEBショップでご購入いただいたお客様には、無償でサイズ交換をさせていただきます。 ただし、試着程度でタグやパッケージに破損がないこと、製品に汚れがないことなどの条件があります。 ご試着の際はタグを取り外さずお試しください。




Q.洗濯後に返品はできますか?


A.お洗濯後の返品はお受けできません。 papakoso公式ショップでお買い上げいただいたお客様にはサイズ交換の特典がございますが、ご使用後や洗濯後の返品はお受けできません。 そのほか、タグを取り外した場合や、タグやパッケージが破損・汚損した場合、製品の汚損破損がある場合も同様に返品は承れません。 何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。




Q.夫婦で兼用できますか?


A.夫婦での兼用はお勧めしません。 papa-dakkoは着用しやすさと取扱いのしやすさを考え、調節具やバックルを付けていません。使う人の体型に合わせてジャストサイズでお使いいただくのが最も負担のかからない使い方になります。そのため、体格の異なる方との共有はお勧めしません。 例えば大きめの抱っこひもを使うと、体重以上に重く感じたり、腰に負担がかかります。 小さいと大人もお子様もきつく、抱き心地・抱かれ心地が悪くなります。 papa-dakkoは抱っこをする人の体型に合わせてサイズをお選びください。




Q.長く使うためにワンサイズ大きめを選ぶのが良いですか?


A.ワンサイズ大きめではなく、ジャストサイズでお選びください。 papa-dakkoのサイズは着用する大人の方のサイズに合わせてお選びください。 お子さまの成長では、主に胴体や手足が伸びていきますが、体の厚みが極端に増すことはありません。ワンサイズ大きめを使うと、落下の危険も増しますし、なにより体重以上に重さを感じ、腰や肩に負担を感じます。 お子さまを抱っこしたときにフィットしている状態が、肩や腰に負担がかからず、重さを感じないサイズです。 お子さまの成長より、パパの体型維持にご注意ください!





パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ

Q.何歳まで使えますか?


A.バッグとしては年齢制限はありません。抱っこ補助としてお使いいたく場合は、腰すわり(7か月頃)~36月(15kg)までとなります。 パパバッグは哺乳瓶や水筒やおむつなどを持ち運ぶのにも便利です。ファザーズバッグとしてご利用いただく場合や普段使いのバッグとしてご利用いただき場合は、お子さまの月齢関係なくお使いいただけます。抱っこの補助としてお使いいただく場合は、お子さまの腰がすわる7か月頃から、36月(15kg)までとなります。 ご使用の際は取扱説明書をご確認の上、正しい使用方法でお使いください。




Q.モデルによって価格の違いがありますが、機能が異なるのでしょうか?


A.価格の差は製造コストの違いで、収納力や強度には差がありません。 スタンダードモデルのみショルダーパッドが付属しておらず、思いやりモデル、クリエイターズモデルにはショルダーパッドが付属します。 また、すべてのモデルのバッグのサイズと強度はほぼ変わりはなく、価格の違いはメイン素材やパーツの違いとなります。 例えばクリエイターズKモデルのメイン素材は、一般的なナイロンのおよそ7倍の強度を持つインビスタ社のコーデュラナイロンを採用しています。きの生地の価格や、ベルトクリップやDカンなどのプラスチックパーツを使用しているため、販売価格も他のモデルに比べやや高くなっていますが、収納力や耐荷重などはスタンダードモデルと変わりありません。 バッグを選ぶ際には、見た目やカラーでお選びください。 尚、 パパバッグだっこモデルのみ落下防止構造を有しており、他のモデルと機能に明確な差があります。 具体的には抱っこ具として使用するためのウエストベルトと乳幼児用の背あてが内蔵されており、抱っこの補助ではなく抱っこ具として使用することができます。 パパバッグの各モデルの違いは下記ページも参考にしてください。 https://note.com/1thread/n/n465f13f86a90